megagengar’s blog

メモとか思ったことを適当に

トップ

サブブログというかふと思ったことを書くためだけのブログです

主に自分のメモ。

7世代最高レート/最終レート

S1  2107

S2  2053

S3  2136/2101 最終66位

S4  2106/2057

S5  2137/2037

S6  2124/2124 最終19位

S7  2144/2028

S8  2146/2146 最終10位 

S9 2161/2113 最終58位

S10 2094/1974

S11 2114/2114 最終29位

S12 2138/2138 最終10位

前の続き

 これの続き

megagengar.hatenadiary.jp

 細かい個体は環境を見る必要があるが、自分のこれまでに使った並びでこれを逸脱したものがほぼない。対面にはある程度崩し要素が含まれているものも多いため崩し面は割愛。思考としてはこれが結論に近い。

基本的に最終日につかった並びで具体例を挙げてみる。

S3

f:id:memo_k:20180206013541p:plain(攻め)+f:id:memo_k:20180206013537p:plain(対面)+f:id:memo_k:20180206012841p:plain(クッション?)

ミトムは環境を見て入れたのでここがかなり怪しく、実際最後まで纏まらなかったのはここの役割が曖昧であったからというのも大きい。デンジュモクはSが低く崩し+対面という評価。

S4、S5

f:id:memo_k:20180206013541p:plain(攻め)+f:id:memo_k:20180206012222p:plain(対面)+f:id:memo_k:20180206012356p:plain(攻め)orf:id:memo_k:20180904115148p:plain(攻め)orf:id:memo_k:20180206013526p:plain(対面)

マリルリは鉢巻アクジェの縛り性能を評価したので攻め分類。

S6

f:id:memo_k:20180206013526p:plain(対面)+f:id:memo_k:20180904115148p:plain(攻め)+f:id:memo_k:20180206013537p:plain(対面)

テテフの対面はやや諸説ある(かなり攻め寄り)だが思考上は対面から始めた。

S7

f:id:memo_k:20180206013511p:plain(攻め)+f:id:memo_k:20180206013541p:plain(攻め)+f:id:memo_k:20180206013140p:plain(攻め?)orf:id:memo_k:20180206013522p:plain(対面)

レボルトは混乱実であったが巧みなので攻め分類。

S8~13

f:id:memo_k:20180206013541p:plain(攻め)+f:id:memo_k:20180206013526p:plainorf:id:memo_k:20180206013522p:plain(対面)+f:id:memo_k:20180227003020p:plain(攻め)orf:id:memo_k:20180305152743p:plain(攻め?)orf:id:memo_k:20180904115148p:plain(攻め)

リザードンは鬼羽だがこれはごまかし手段に過ぎず高いSからのフレドラがあくまで思考の開始なので攻め。とはいえクッション的な動きもできた。

この6シーズンはテテフ入りとミミッキュ入りの2パターンが存在する。テテフは攻め+対面思考だがミミッキュは対面にすべてを寄せた形。

 

これを見返すと攻め2+対面1が構築の基本となっている。ただこれは結果的にこうなったものが多い。(裏のベースをあまり触っていないため)

攻め3はこれまであまり考えてこなかっただけだが、やはりクッション入りでうまく纏まったものがほぼない。うまく組みこむには一番現実的なのがモロバレルなのだが切り返し手段が困難で自分では纏められる気がしない。襷での採用なら対面的要素も持てるのが評価点ではある。

裏の組み方

色々考えていたのだが、結局ランドカビゲン@3に組み込む場合、その@3をどう組み合わせるかが課題となる。ランドカビと組み合わせるのはなかなか難しい。(出来そうなものは大方考えてしまったのもある)

単純に弱いあるいは噛み合いの悪いポケモンや型を組み込んでも機能しないだけではあるものの(実際に試したものは9割方それで失敗する)やはり選出や立ち回りの仕方、何を通して何に切り返すかというのが重要となる。

裏は3枠しかないため守りに回るのはなかなか難しく(これは俺の思考面の問題が大きいかもしれないが)ある程度アグロ寄りな裏を考えたほうが強い。そもそも攻め手をゲンガー1枚にするのは非現実的なため少なくとも1体はアタッカーのポケモンが必要なこと、ステルスロックとの相性が良いことなども理由である。

これを踏まえるとかなり曖昧な表現になってしまうのだが、

攻め+攻め+攻め

攻め+攻め+対面性能

攻め+攻め+クッション

攻め+クッション+対面性能

のように組むのがおそらく現実的。

攻め駒は色々と候補があり、どれを選択するが課題。スカーフメガZ混乱実辺りの持ち物を持たせる。

対面駒は代表的なものがミミッキュであるが、行動保証を持たせながら単体性能が確保できれば割と幅はある。持ち物はZか襷が基本。攻め駒との違いは曖昧だがある程度の行動保証が目安となるか。

問題はクッション駒で持ち物は混乱実やオボンチョッキあたりから選択になると思われる。しかし良いポケモンが全く見つからず、構築の開拓をするならおそらくここ。ランドロスカビゴンが既にクッションとして存在していることも大きく、単体性能に加えきちんとした採用理由も欲しい。

上に書いたようにこのように組んだ上で選出の補完を組み込みつつ環境読みと単体性能を確保できればおそらく強い構築になる。

あまり固定観念に囚われても良くないためフェアリー枠を入れる以外は1から考えた方が良いかもしれない。

ランドカビゲンの裏 2019年2月版

久々にまともっぽい記事

 

megagengar.hatenadiary.jp

1年近く前にこういう記事を書いていたのを思い出し、何となく最新版を書くことにした。

同ランク内では順番関係なし

S f:id:memo_k:20180206013541p:plainf:id:memo_k:20180206013526p:plain

A f:id:memo_k:20180904115148p:plainf:id:memo_k:20180206013522p:plain

B f:id:memo_k:20180206012356p:plainf:id:memo_k:20180206012222p:plainf:id:memo_k:20180206013511p:plainf:id:memo_k:20180206012219p:plainf:id:memo_k:20180305152743p:plainf:id:memo_k:20180206011555p:plainf:id:memo_k:20180206013138p:plainf:id:memo_k:20180206013140p:plainf:id:memo_k:20181104123254p:plainf:id:memo_k:20180206012841p:plain

C f:id:memo_k:20180227003020p:plainf:id:memo_k:20180206013116p:plainf:id:memo_k:20180213164220p:plainf:id:memo_k:20180206012420p:plain

 

構築としてランドカビゲンフェアリー@2が基本となる。カミツルギはこれまでの必須枠からワンランク落ちた。あくまで必須枠ではないだけで性能自体はやはり高く、実際考えていると採用したくなるのだがカミツルギ入りはだいぶ凝り固まってしまったため今は意図的に構築から外して色々考えている。
脳内で今高い位置にあるのはバシャーモなのだが怪しい部分がかなり多くこれ以上ランクが上がることはないであろう。やはり上位に刺さりにくい。ゲンガーとの範囲的補完はそこそこ取れているのとカビゴンとの相性は良い。

ミミッキュはBと悩むが一応Aにしたが環境次第。B以下は今考えているものがそこそこ多いためあまり結論が出ていないがここからそこまで大きくは変わらなさそう。水ロトムだけはまだ実戦で回していない(というか今日電車で考えた)のでひとまずCにしたがおそらくBになるか消えるかな気がする。バシャーモと組む前提ならギャラドスは少し評価が上がるものの、これまた怪しい部分が多くB止まり。
ジャラランガは全世界の受け回しにミミッキュがいるためCでも高めに評価したつもり。使うならミミッキュに対して誘い殺し出来ないと無理。

 

追記

ライコウが抜けてたのでBに追加。この構築においてはS115がそこそこいい性能をしている。また水ロトムを少し使った感じBの性能は明らかにあったのでC→Bに。

シティリーグ

ポケモンカードの記事を書く日が来るとは思わなかった。メモがてら更新。

シティリーグ 大阪 2/3

使用構築 ウルトラネクロズマ

ジラサン 後攻 ◯

ズガアゴ 後攻 ◯

ピカゼク 後攻 ×

エビサワカポ 後攻 ◯

ジラサン 先攻 ×

ルガゾロ 先攻 ×

3-3 128人中48位

始めて2ヶ月、初参加としては満足できる結果だが、最終戦は明らかに拾えた試合であったため(勝っても抜けれてはいないとはいえ)かなり悔やまれる。

単純に試合の疲れが溜まっていた部分が大きくその辺りを考えないといけないこと、また上位卓に行くほどプレミを咎められて負けたのでそういう意味で序盤勝ててよかったのと良い経験になったと思う。

楽しかったので大会には積極的に参加していきたい。

日記

構築の改良案をちょろちょろ考えてたけど長く使いすぎた結果思考が凝り固まり過ぎて全く新しくて良いものが出てこない。大体のものを出し尽くしてしまったのもあるが。

今より上狙うなら何かしら大きな改良がないといけないと思うが思いつかず、そろそろ潮時かな〜という気はする。だからと言って他に構築があるわけでも無くあっても今から使える気もしないのだが。

バシャーモ

メガ非メガ問わず役割対象と型をきちんと決めて補完として組み込むならありな性能をしているのだが、基本的に通ってる時しか出さない都合上他にも鋼の処理ルートを確保しておかないといけないのが難しい。逆にいうとそれが一応は出来ているから最近使っているのだが。軸にするのはクソ雑魚なので論外。

増えると面倒なので誰も使わないでほしいポケモン第2位。