megagengar’s blog

メモとか思ったことを適当に

トップ

サブブログというかふと思ったことを書くためだけのブログです

主に自分のメモ。

7世代最高レート/最終レート

S1  2107

S2  2053

S3  2136/2101 最終66位

S4  2106/2057

S5  2137/2037

S6  2124/2124 最終19位

S7  2144/2028

S8  2146/2146 最終10位 

S9 2161/2113 最終58位

S10 2094/1974

S11 2114/2114 最終29位

S12 2138/2138 最終10位

S13 2061/1994

S14 2065/2018

S15 2056/2033

S16 2078/2053

第5回真皇杯 色々

今更ですが整理したくなったので。

ラスチャレと本戦以外の軽いオフレポに加え自分の中で考えてたことや反省などになります。

正味ただの自分語りなのですが記録として残しておきます。

まず、今年の真皇杯が関西予選や本戦が8〜9月メインで行われることを知った段階で真面目にやろうかなと考えていました。

去年真面目にやらなかった最大の理由は構築公開で、構築の情報を出すことはレーティングバトルにおいて非常に不利であると考えていたためです。(予選参加はしていましたが、真面目に出る気は皆無でした。)

なので7世代最後でそれを気にする必要のない今年は権利を取ろうと考えました。

またランドカビアーゴヨンはランドカビゲンと比べてかなりレートより大会向けであることや自分自身がレートがあまり勝てなくなって来た上、最終日の深夜に潜るのが厳しくなって来たため大会で勝つことを目標にしたという側面もあります。

ORAS時代はあと1勝まで行って届かなかったためそれを反省材料として挑みました。

結果としてはあと1勝で権利という試合を3回やることになりましたが、無事権利を獲得出来たのでとりあえずの目標は達成と言えるでしょう。ただトナメはもう少し勝ちたかったですが…。

各大会

・オンラインA-1

12位までが抜けの仲間大会。序盤調子が良かったもののそこから負け勝ちを繰り返し、9-4で1573。

ボーダーを1585程度という意見があり自分も調べた結果その程度だと思ったのでできれば高レートを引いて1戦で終わらせたかったのですが1490くらいを引いてしまい、微妙なラインに。

その試合は危なげなく勝てたのですがレートは10-4で1586。1588より上になれば絶対保存だと思っていたのですが、これはかなり微妙。かなり悩みましたがTwitterで1600に乗せてから溶かしたような人をちょこちょこ見かけ、ボーダー読み違えが多い読みをして保存。

しかし結果としては12位が1587でレートは1足りず13位でした。最後の試合で1530とかを引ければ良かったのですがそこまでのマッチングは悪くなく仕方ないということで終了。14位は1570台だったので潜らなかったのは完全に結果論です。

・関西予選1

予選◯◯◯◯×◯× 5-2

2位抜け 1没ベスト32

4-0で調子良かったところでミロカロスバシャーモを引き、相手の構築があまりにもカバルドンに薄かったため火炎玉読みでランドロスを初手に出して受け出しの時に叩こうと思ったのですが予想を外し初手勝ち気でボロ負け。かなり萎えましたが後は1敗しつつも順調に勝ち、トナメへ。

しかし初戦でマンムー入りのかなりきつい並びを引き、この時のゲッコウガは波乗り+めざ電だったので襷でない(並び的に地面Zかなと予想していた)お祈りをしましたが外して負け。

ここでほぼ地震を打たれるので草結びを打てばゲッコウガがそこそこ体力を残せ、熱湯でも3割で勝てるので技変更を決意した試合でもあります。トナメ初戦からこれは仕方ないと割り切りました。眼鏡ゲッコウガはこの前日くらいに思いついてあまり試してなかったのですが予選ではかなりの活躍を見せたため技を変更して使うことを決意します。

オンラインA-3 ダブルイリミトナメ

◯×◯◯◯でベスト12以上確定段階で終了

A-Final権利獲得

2戦目にトノグドラ+カミツルギに対してSブーストアーゴヨンが準速グドラを抜けないと思い込み選出控えてカミツルギにしたのですが別にカミツルギも抜けないですし、最速でなければ抜ける上別に抜けなくても相手のカミツルギを意識してアーゴヨンが正解選出でした。

とはいえなんだかんだ勝てそうだったのですが終盤詰めを間違えて負けてかなり萎えました。とはいえまだあるので試合再開し、そこからは結構な冴えを見せて全部勝って権利を得たところで終了。

・関西予選2

予選◯◯◯◯◯◯××◯◯ 8-2

1位抜け トナメ◯×

5位決定用トナメ◯×で6位

6-0からの2連敗で焦りましたが後半きちんと勝って抜け、トナメは16人しかいないので2勝すれば勝ちで、初戦のトルンさんにはゲッコウガカビゴンが活躍して勝利。

とここで次に勝てば権利というところで関西1の予選で当たったやちこんさんを引くことに。この人とは真皇杯本戦でも引くことになり3回も戦うことになります。

予選でも関西1で当たったきくまさむねさんを引いており再戦2回目。選出画面で誰一人カミツルギに勝てなさそうなのを見てかなり有利と判断したため素直にランドカビツルギと選出。

負け筋はペリッパーを削りきれないルートとラグラージの馬鹿力とラグラージミミッキュカミツルギを集中されるルートだと思いましたがラグラージの滝急所高乱数でカビゴンが吹き飛んでカミツルギ1体になった後欠伸で眠って負け。まあここまで比較的運が良かったので仕方ないかなと思いつつ5位決定戦のトナメへ。

初戦は高城元哉さんと対戦へ。これまたスカーフカミツルギを止める手段があまりなくランドカビツルギで詰めて勝ち。

ということで5位決定戦ですが予選で当たったNackさんと再戦。

色々考えましたが予選の時にその型ならこうされるときついみたいな話をしたムーブを大体通されて負け。抜けそうな相手と感想戦をするのはやめましょう。

再戦かつ砂出されない読みをして選出を変えるのが正解だったのですがなかなか難しいところ。予選はきっちり詰めて勝ったのでゴリ押しされる方が怪しいことから逆にこっちが攻めていけるようにアーゴヨンから入るべきでした。

ということで悲しみの6位で権利はなしですがオンラインBの権利は獲得。

これでオンラインAB権利を得られたのでこちらで抜けようと決意。

・オンラインA-final

◯×× ドロップ

・オンラインB

×◯××◯

折角得た権利だったものの散々。

単純にランドカビアゴが刺さらなかったのは事実なのですが、それまで見越して構築を考えなかった点、オンラインという形式に慣れていない点など、単純に下手だった点など反省点が多いです。

最も大きな理由としては自分はレート最終日やオフだと緊張感をわりと持てることで立ち回りの質が上がるのですがそれがうまく出来なかったことです。

ただここで当たったゆぐりかさんとラスチャレの権利を賭けた試合で当たり、ヒトムグロスは人によってこちらの構築に対しての動かし方や選出が割と異なり、この時と同じように動いてくる読みできっちり詰められたので出た甲斐はありました。

各予選の概要はこんな感じで、残りは考えていたことや反省点を挙げておきます。

・参加オフの予選は全て抜ける

3つしか出ていませんが3つとも抜けられたのでこれは達成できました。

ORASで権利を真面目に取ろうとした時は2/3だったのでこれは意識しました。

実際には1勝足りなかったのようなものは仕方ないと割り切ることになりますが、4敗(ブロックが少人数なら3敗)以下を1度でもやってはいけないと考えていました。

理由としては真皇杯に限らずオフ全般に言えますが、トーナメントで勝てるかは1発勝負なのでかなり運要素が強いです。一方予選抜けは実力があってミスをしなければかなり高い確率で抜けられると考えているためです。逆に言えば運やマッチングが悪くない限りきちんと予選を抜けられる構築とプレイングを用意する必要があります。

ここを抜けられないとトーナメントの運ゲの試行回数を稼げないので非常に重要です。

実際自分の地方予選でのトナメでの負け4つはミラー、1発急所での運負け、再戦、不利構築への型読み失敗で、仕方ない部分が大きいです。

逆に言えば毎回予選を抜けられるなら試行回数さえ稼げば権利は取れるはずという考えに基づいています。

・使用構築は一貫させる

細かい点の変更は行いましたが、基本的にはランドカビアーゴヨン軸です。

ORASの時2/3予選抜けしたと書きましたが1回落ちた時は構築を変えたら大失敗したので少なくともこの短期間はある程度一貫させつつきっちり纏めておく必要があります。

これは自身の得意分野なのであまり問題はありませんでしたが、逆に6枠目についてはまとまりきらずかなり迷走しました。

構築として、別に真皇杯を意識したわけではなかったですがゲンガー軸からアーゴヨン軸に変わったメリットはこれらで、全体的に大会向けです。

・命中不安が少ない

・強引に積めば巻き返せる

・技範囲が広く対応範囲が広い

バシャーモ入りへの対応力の高さ

構築自体のメリットとしてはカビゴンの被弾が多く運負けをしやすいという難点はありますが、これで1敗、構築不利もしくは強い人とマッチングして1敗を想定しても基本的には抜けられます。

ただ基本選出のできる試合は(特にラスチャレや本戦では)少なかったこともあり、裏をきちんと纏めるのは重要です。

自分の構築は欠伸吹き飛ばしはギミック系統に強くアーゴヨン自体の抜き性能も高いためイージーウィンを取りやすいです。そのため真皇杯での構築選択としてはかなり正解だと考えています。

・出る試合数は増やす

こう書いてはいますが、遠征はラスチャレ以外は金銭面やリアル面の兼ね合いで困難で、行こうと思えば北陸に行けたかな程度です。東海は関西2が悔しく行きたかったのですが都合上無理でした。

ただ上にも書いた通り予選を安定して抜けて試行回数を稼ぐのが最重要なので可能なら遠征するべきです。

そのためオンラインで試行回数を稼ぐ方向で考えたのですが、自分がオンライン大会にあまり慣れていないという部分が抜けていたので反省点です。

・相手の調査

オンラインや本戦は明確に相手が決まっており、また前日にブロック分けが出るオフについてもこれは必須です。

そのために過剰なメタを仕込んで構築が歪むのは本末転倒ですが、6枠目を絡めた選出パターンとしていくつか用意していたのでここは良かったと思います。

・オンライン予選

Afinal,Bは両方惨敗してしまいました、上と被りますがこれは真皇杯期間内で唯一のボロ負けでありかなりの反省点です。

そもそも構築的に不利な相手がかなり多いことを理解した上で構築変更もしくは裏選出をきっちり練ることをしなかったこと、また構築有利であった高木元哉さんとの再戦ではキッチリメタられたためその可能性を考えつつもそれをどうするか考えなかったことはかなりのミスでした。

上の発言とは矛盾しますしそもそも他の構築を持っていないのですが、今回は(特にAfinal)対戦相手が誰かかなり前から分かっていたこともあり、1つくらい全体的に刺さっている構築を組めたかもしれないので、この形式であれば再戦もそこそこありえますしオンラインはオフ予選とはかなり考え方を変えないといけないでしょう。こちら用に1つは構築が必要なので来年以降は意識しようと思います。逆に真皇杯本戦は表選出は怪しい相手が多いものの裏で出せば戦えるという形には纏められてきっちり取れたのでそこは良かった点です。

・本戦トナメ2つ及びラスチャレ決勝

これは自分が弱すぎます。

しっかりと予選を勝ち抜く能力と比較してここぞというところで勝つ能力がかなり欠如していることは一応分かっていたのですが、それを加味しても酷すぎました。

単純にもう少しポケモンを上手くなる必要があります。

・レートとの違い

日頃から(最近は勝てていないのですが2050が安定するだけでも参加者の中ではまあまああると思うので一応こう書きました)レートで勝てるというのは実力の指標にはなりますが、やはり環境の読み方など違う点も多く、上振れゲームではなく負け試合を減らすのが重要(これはレートでも大事ではあるのですが)で、多少変なマイナーを引いて事故と割り切ることはできません。大会、特に地方の予選になればなるほど確実に1戦くらいは引きます。

また環境が進んでいない部分も多いので今の環境は〜のような形ではなく対応範囲の広さと構築のスペックを重視することが大事だと思います。

実際自分は関西予選1と2の予選両方でミロカロスを引いて泣きそうでした。上の通り関西1では負けましたし。

なのでこの辺りを重視するべきだと思います。実際ラスチャレでクチートを選択したのもジャラランガフェローチェをほぼ考慮しなくていいと思いつつも切りたくなかったからという側面がかなりあります。

まあその日の運が良ければ勝てるのでそれに賭けてオニゴーリとか使うのも逆にありなのかもしれないですが…。

本戦は楽しかったので可能ならば来年も参加して抜けたいてすね。

6thと7th

6thが終わった時の目標としては

・当時基準でのレート2100(できれば2150)を安定させて2200(当時基準)を狙う

・真皇杯もしくは全国FESTAでの全国大会参加

結果

・ボスラッシュ権利、レート2150、最終10位(2回)

・全国FESTA本戦(これは正直運営の記憶しかないが…)は出るも予選落ち

・真皇杯本戦出場及び予選抜け

とある程度は達成及び進歩できたと思う。

唯一残念なのが1回も優勝できなかったこと。

2位〜4位はそれなりにあるのだが。

8世代からどれくらいできるかはわからないが、全国大会再参加かつもっと上に行くことや、レート1ページ目はギリギリラインしかできなかったので5位以内を目指したい。

まだS17はやるのだが、こういう記事の書き時があまりないので更新。

眼鏡ゲッコウガの技構成

4枠目を真面目に考察

・草結び

f:id:memo_k:20180207030043p:plainf:id:memo_k:20180207030240p:plainf:id:memo_k:20180206013511p:plainf:id:memo_k:20180206012420p:plainf:id:memo_k:20180206012422p:plainf:id:memo_k:20180206012834p:plainf:id:memo_k:20180206011848p:plainf:id:memo_k:20180206012358p:plain

f:id:memo_k:20180206012828p:plain+水

・めざ電

f:id:memo_k:20180206013511p:plainf:id:memo_k:20180206013518p:plainf:id:memo_k:20180206013539p:plainf:id:memo_k:20180206013531p:plainf:id:memo_k:20180206012219p:plainf:id:memo_k:20180206012528p:plain

結びだとレヒレに威力40だがこちらは60

無難に行くならこのどちらか。

・めざ鋼

f:id:memo_k:20180206013526p:plainf:id:memo_k:20180206013522p:plain

・めざ炎

f:id:memo_k:20180206011908p:plainf:id:memo_k:20180206013126p:plainf:id:memo_k:20180206011845p:plainf:id:memo_k:20180206013539p:plain

・めざ岩

f:id:memo_k:20180206013136p:plainf:id:memo_k:20180206011555p:plain

・めざ格

f:id:memo_k:20180206013126p:plainf:id:memo_k:20180206011845p:plainf:id:memo_k:20180206012415p:plainf:id:memo_k:20180206013511p:plainf:id:memo_k:20180206012407p:plainf:id:memo_k:20180206012532p:plainf:id:memo_k:20180206012422p:plain

ポリ2はH振りだけなら9割の高乱数2、ブラッキーもHBは確定2

・めざ地

f:id:memo_k:20180206013533p:plainf:id:memo_k:20180206013537p:plainf:id:memo_k:20180206012824p:plainf:id:memo_k:20180206012829p:plain

・神通力

f:id:memo_k:20180206011945p:plainf:id:memo_k:20180204181307p:plain

 

格鋼炎辺りワンチャンあるんだけど個体用意面倒すぎ

 

真皇杯本戦 オフレポ2

前回(ラスチャレオフレポ)の続き

megagengar.hatenadiary.jp

 構築は

f:id:memo_k:20190927111358p:plain

megagengar.hatenadiary.jp

とりあえずラスチャレの決勝を終えてホテルへ帰還。

夕食風呂着替え片付け等を済ませて対戦相手の構築を見返す。
この段階で10:30を過ぎており、0時くらいには寝たいことを考えつつこの限られた時間でどう対応するか考えた。結果、自分以外の31人のうち基本選出(f:id:memo_k:20180206013143p:plainf:id:memo_k:20190325001923p:plainf:id:memo_k:20180213164220p:plainf:id:memo_k:20180206013511p:plainf:id:memo_k:20180206013541p:plain)ができないもしくはしたくない相手を設定してそこを中心に考えることにした。
しかしそれが半分以上いたため頭を抱えることになる。クチート枠を弄って対応しようと思っていたが幅が広すぎる。
結果「基本選出できる」「出したくはないけど別に出せる」「出せなくはない」「絶対出せない」の4つに分け、対策として後ろ2つに絞る。正直個人メタをかけたい相手がアホほど多かったのだが、今回はブロックは当日発表なのでそれはできなかった。

ある程度相手の構築内容を覚えつつ、クチートは数が多く見受けられたバシャーモ、カプコケコ、カバルドン辺りが厳しくそこに強めなテテフの採用を決定した。全体的によくわからないポケモンを数匹引くであろうと考えられ、雑に強い点を評価。

主な採用理由としてはアーゴヨン以外でフシギバナモロバレルが怪しい、マンムーが一定数いる、エルレイドなどの格闘がいた場合に選出しやすい、クルマユのネット展開を挑発で阻止できるなど。

最も怪しい受け回しに対応するためにカプZ+挑発とした。テッカグヤもそこそこいたのとペリッパーが多くギャラドスもいたため10万の採用を決定。バンギ入りは割と基本選出でも戦えると判断。

会場がホテルから割と遠く、電車で配分を考えて振り直す時間はあると判断し就寝。

 

翌日朝はドトールでのんびりコーヒーを飲んだ後電車に乗り配分を考える。最初はS高めで考えていたが、Sの早いミミッキュは1匹だけで襷なのでどうせ勝てない、かつゲンガー入りの受け回しに選出したいこと、自分のカミツルギがスカーフなのが割れているのでゲンガーが突っ込んでくる可能性は高いと判断し2~3匹いたゲンガーがヘド爆だったためヘド爆耐えと233フレドラ耐え、ガッサ抜きをぎりぎり両立できる配分に。

Dに厚くするならB方面をもう少し薄くしてS138は欲しいのだが今回それはあまり生きないと判断したため135で止めた。実際には正直どれもあまり関係なかったが...。配分に関してはどこを厚く見るかでいろいろ候補はあるがD厚めなのは殴り合いに強めで結構使いやすい。

穏やかの方が数値が高くなることを思い出すが、無い物は仕方が無いので諦める。厳選しようかとも一瞬思うが、前日メインロムを偽トロに入れているのでタイムペナルティでキッチンが使えないので断念。

どうせ誰も持っていないと思ったら後でたかきおすさんに言ってくれたら個体いたのにと言われる。まじか~となるもそれによる弊害はなかったと思われる。

後は出来るだけ相手の構成等を覚えつつ会場へ。

 

到着しバッジとTシャツをもらい育成も終えてパーティシートも書いてジャッジキルも回避しつつ開会式へ。

ラスチャレ本戦の遠征はORAS時代に1回やりたいと言いつつ、あと1勝というところで権利を逃し燃え尽きてやらなかったのでこれが初で、心の中では非常に盛り上がっていた。
ブロック分けに移り、ビンゴのやつを回して抽選。当然のように逆に回す。

メレメレブロックになり、予選開始。

 

1.seaぽけさん  

f:id:memo_k:20180206013511p:plainf:id:memo_k:20180206013526p:plainf:id:memo_k:20180206013541p:plain

f:id:memo_k:20180206011606p:plain f:id:memo_k:20180206012832p:plainf:id:memo_k:20180206013518p:plainf:id:memo_k:20180206012415p:plainf:id:memo_k:20180206013522p:plainf:id:memo_k:20180213164220p:plainf:id:memo_k:20180206012415p:plainf:id:memo_k:20180206013522p:plainf:id:memo_k:20180213164220p:plain

前日に優勝予想していた相手をいきなり引いてしまう。実際に優勝したのだけど。
初手アーゴヨンメタグロスを読んでゲッコウガから入るが出し負け、テテフを出すと放電で1発で麻痺。
これがかなりきつく、S負けの結果挑発カプZで削りきれなくなり、サイキネのタイミングでミミッキュに引かれたためツルギに切り替え、ポリ2に受けられる。
しかし最後のところでリフブレ急所+ゲッコウガの悪波怯みで強引に突破し運が傾く。
その後ミミッキュのかげうちでツルギが落ち、テテフでサイキネで削って裏を当てればゲッコウガで勝ちなのだが、麻痺ガチャになりアーゴヨンを切られる。その後麻痺剣舞でラストゲッコウガ。熱湯火傷を引けばおそらくじゃれかげを耐えるのでじゃれ外しも含めてお祈りで打ったら燃えて勝ち。

今日も持ってるけど再戦したら全く勝つ自信がないな…と思いながら次へ。

1-0

 

2.ダイスケさん 

f:id:memo_k:20180206013143p:plainf:id:memo_k:20180207025957p:plainf:id:memo_k:20180213164220p:plain

f:id:memo_k:20180206012422p:plainf:id:memo_k:20180206013120p:plainf:id:memo_k:20180206013522p:plainf:id:memo_k:20180206011945p:plainf:id:memo_k:20180206013516p:plainf:id:memo_k:20180206012222p:plainf:id:memo_k:20180206013522p:plainf:id:memo_k:20180206012422p:plainf:id:memo_k:20180206012222p:plain

元記事によるとバンドリ偽装で、バンギにおそらく追い討ちや挑発がなくかつカビゴンで見れそうと考えていたため裏のバナサンダーアシレに強いアーゴヨンを選出。

初手ミミッキュにステロ蜻蛉を打つとシャドクロ×2。
カビゴンでヘビボンを打つとじゃれつくを避ける。ここまで呪いも剣舞も鬼火も電磁波も来ないのは絶対に道連れだと判断して欠伸を打ったら予想通り道連れを打たれて寝かせる。1回引かれるがサイクル中に切られる。
あとはバンギサンダーに対してバンギをヘビボンとステロで削り、アーゴヨンを受からなくしてサンダーに毒Zを当てて勝ち。

2-0

 

3.あきなしさん 

f:id:memo_k:20180206013143p:plainf:id:memo_k:20180207025957p:plainf:id:memo_k:20180206013511p:plain

f:id:memo_k:20180206012420p:plainf:id:memo_k:20180206013126p:plainf:id:memo_k:20180206013522p:plainf:id:memo_k:20180206013526p:plainf:id:memo_k:20180305152743p:plainf:id:memo_k:20180305152743p:plainf:id:memo_k:20180206013522p:plain

デリバードは張り切り道連れ礫だけ知識を入れて臨む。

とはいえ氷タイプは何が来ようと面倒なのでとりあえずカビに引いたらこご風、欠伸リザ、ランド合わせて風は耐えるのでステロ。

カビに引いて欠伸を打つと不眠で知らねえってなりつつもヘビボンで処理。リザXにかなり強気に動かれるもなんやかんや吹きとばして処理して詰め。

3-0

ここで昼休憩でコンビニで軽く買い物して次へ。

 

4.らんのすけさん 

f:id:memo_k:20180206013541p:plainf:id:memo_k:20180213164220p:plainf:id:memo_k:20180206013143p:plain

f:id:memo_k:20180206013523p:plainf:id:memo_k:20180206013526p:plainf:id:memo_k:20180206011848p:plainf:id:memo_k:20180206011704p:plainf:id:memo_k:20180206012213p:plainf:id:memo_k:20180206012837p:plainf:id:memo_k:20180206013523p:plainf:id:memo_k:20180206011704p:plainf:id:memo_k:20180206012213p:plain

配信30分ほど待たされて結局配信なしみたいな感じで試合を始めるも後で聞くとどうやら配信されていたらしい。

コケコ脱出パル印バシャ鬼火ギャラ挑発を覚えていたのだが、これは基本選出での展開が非常に面倒。挑発ギャラはほぼ無理でそのうえ印パルと確率勝負を強いられるし、アーゴヨンを出すとパルのつぶてで縛れてバシャ+パルを処理できない。

そのため初手コケコ読みで上からツルギで殴って壁を張らせずに追い出すことにした。

想定通り初手リフブレでコケコを上から脱出させて馬車にランド投げて相手は膝。
想定としてはここで膝ではなくフレドラを打ってくれるため反動で削れ、ツルギのリフブレ2発や+1聖剣で落ちるようになりステロが不要→馬車に蜻蛉が安定する予定だったがバシャーモを削りきれないのを嫌いステロを撒く。
こうなってしまうと次ターンはコケコ切り読みでアーゴヨンカミツルギを出すべきなのだが日和ってそれはできずコケコ切りパル。ツルギは+1氷柱は耐えるので破り蜻蛉ツルギ引きランド切りでツルギが怯まないお祈り通して勝ち。

初手こうなるならステロ込みでも落ちないように調整してスマホを打ちたかったがその場合パルの起点になりうるので微妙なところ。

4-0

余談だがこれに加え雨が2人ほどいることが分かっていたのでツルギは陽気にすれば破りパルも意地ラグも抜けるのでよかったのだが完全に忘れていた。

ただその場合やんこぽけさんのフーディンが落としきれないという問題が発生するので思い出しても変えていたかは微妙なところだが。

 

5.やちこんさん 

f:id:memo_k:20180206013526p:plainf:id:memo_k:20180206013541p:plainf:id:memo_k:20180206013143p:plain

f:id:memo_k:20180206012528p:plainf:id:memo_k:20180206011840p:plainf:id:memo_k:20190630170744p:plainf:id:memo_k:20180206013522p:plainf:id:memo_k:20180206013138p:plainf:id:memo_k:20180206013120p:plainf:id:memo_k:20180206012528p:plainf:id:memo_k:20180206011840p:plainf:id:memo_k:20180206013138p:plain

化身ボルトが面倒且つ初手はほぼペリと判断しテテフ選出。あとはドリュウズミミッキュを意識しつつ威嚇でクッションになるランドを選出。

とりあえずペリに10万を打つとミミッキュが出てきて脱出してラグラージが登場。
ランドの威嚇を経由して滝にツルギを出す。リフブレ受からない状況は作れたので怯まなければ勝てたかと思ったら馬鹿力が飛んで来て焦る。しかし威嚇のおかげで1耐えて返しのリフブレで落とす。あとはペリッパーを削りテテフでサイキネをうつとミミッキュが受けに来る。道連れを完全に忘れていてテテフを持っていかれるが、ペリは既にランドの叩き圏内なので上から殴って勝ち。

型覚えておけばミミッキュには挑発安定だったのでミス。

関西予選1,2両方で当たり2ではラグの滝急所1発でカビゴンが持っていかれて負けたのでリベンジを果たせてよかった。

5-0 これで抜けが確定する。

 

6.ジャラコムラさん ×

f:id:memo_k:20180206013143p:plainf:id:memo_k:20180207025957p:plainf:id:memo_k:20180213164220p:plain

f:id:memo_k:20180206013526p:plainf:id:memo_k:20180206013522p:plainf:id:memo_k:20181231140931p:plainf:id:memo_k:20180206012415p:plainf:id:memo_k:20180204181343p:plainf:id:memo_k:20180206013515p:plainf:id:memo_k:20180206013526p:plainf:id:memo_k:20180206013522p:plainf:id:memo_k:20180204181343p:plain

眼鏡サイキネで高乱数(Cラインにもよるが)を引いてランドが落ちる。結果ステロがまけず、アーゴヨンを死に出し。突っ込まれたら勝てないと判断し毒Zが割れている可能性も高いのでミミ引き読みヘドウェ、毒Zで処理。
その後テテフ死に出しで、裏ガッサならテテフをボンバーで削れば勝てる可能性があるのでカビ引きボンバーを打つがガッサが出て来て処理される、ヘドウェでテテフを落としきれなくて負け。

ステロを撒けていれば勝てたと思うが、多分毒Zをミミッキュに吐いたのがミス。一旦カビ引き経由するべき。

 5-1

 

7.Parsterさん 

f:id:memo_k:20180206013511p:plainf:id:memo_k:20180206013526p:plainf:id:memo_k:20180206013143p:plain

f:id:memo_k:20180206012828p:plainf:id:memo_k:20180206013515p:plainf:id:memo_k:20180206012843p:plainf:id:memo_k:20180206012828p:plainf:id:memo_k:20180206013515p:plain

チャーレムズルズキンが見えて真顔になり裏選出一択。

ゲッコウガの刺さりが良く、鋼両方は来ないと考えこの選出。ドランが風船だった記憶があったのでランドはほぼガルド用。

ロズレイドがチョッキなのは覚えていたのでスカーフは切って冷B。ギガドレ回復ガルドバック冷Bで削る。その後ランドバック剣舞カバ引き地震
ステロ欠伸牙読みで、最悪地震でもテテフのカプZが裏のガルドに通ると判断しゲッコウガを投げる。結果地震で落ちたので、テテフでカプZを打つとロズレイドを切られて頭を抱える。
とりあえずガルドにランドを投げ、カバの怠けるにテテフを合わせつつ怒りを1回当ててもう1サイクルしてテテフで削り切って勝ち。

ロズレイドを引かせられたうえガルドを冷Bでもランド圏内に押しこめたので眼鏡の偉い部分が出たように思う。

これで予選6-1抜け。
クチートから変更したテテフも活躍し満足するが、決勝進出者が全体的に厳しめで頭を抱える。

 

決勝1回戦 やんこぽけさん ×

f:id:memo_k:20180206013541p:plainf:id:memo_k:20180207025957p:plainf:id:memo_k:20180206013511p:plain

f:id:memo_k:20180206012834p:plainf:id:memo_k:20180206011947p:plainf:id:memo_k:20180227153136p:plainf:id:memo_k:20180206013515p:plainf:id:memo_k:20180206012356p:plainf:id:memo_k:20180206013522p:plainf:id:memo_k:20180206012356p:plainf:id:memo_k:20180206011947p:plainf:id:memo_k:20180206013515p:plain

相手の選出はほぼガルド+マンムーorマリルリ+メガ確定。

メガ枠がフーディン読みならばめざ氷がないはずなのでランドカビツルギだとそこそこ有利。

マンダ+マンムーだとランドカビゲコ、マンダ+マリだとランドカビアゴの選出が強要され、基本選出で安定した選出が存在しない。
実際にはフーディンの方が8:2か9:1で来るので勇気を出してランドカビツルギで出せばかなり優位だったのだがとそれはできず。

結果立ち回りで勝つ決意をして全対応選出をする。初手マリルリマンムー読みのツルギを出す。そこはきちんと合わせリフブレ。ガルドに引かれ削りが入る。ヘビボンでガルドを削りながらサイクルを回す。マリの叩きケアであまりリサイクルを押せない状況の中の聖剣急所でカビゴンが怪しくなりミリ耐えするも、結果マリバック読みで欠伸を押す場面で日和ってリサイクルを押してしまい一気に劣勢に。
結局裏のマンダは切らざるをえなくなり、ゲッコウガ切りからツルギ死に出し。
ここでリフブレにガルドを出されるも、キンシでAが下がってもリフブレでおそらく落ちるのだが、なぜか引いてまたマリの叩きを受けられなくなる。これをするならマリバックにツルギを釣らなくてはいけなかった。

結果負けで選出から全体的に弱気すぎで、ガルドが取れれば勝てる試合だったし、プレミが多く悔やまれる負けだった。

 

ルーザーズトナメ

こうはさん ×

f:id:memo_k:20180206013143p:plainf:id:memo_k:20180207025957p:plainf:id:memo_k:20180213164220p:plain

f:id:memo_k:20180206012828p:plainf:id:memo_k:20180227153136p:plainf:id:memo_k:20180206013515p:plainf:id:memo_k:20180206013140p:plainf:id:memo_k:20180206013531p:plainf:id:memo_k:20180206011845p:plainf:id:memo_k:20180206013531p:plainf:id:memo_k:20180227153136p:plainf:id:memo_k:20180206013515p:plain

HDガルドスカーフレヒレ捨て身マンダという最もきつい並びを引いてしまう。
1回サイクルを回しランドレヒレ対面トリック読みでステロを打つもランドがスカーフを持ってしまったので残飯ガルド+マンダを崩しきれなくなる。
ランドのきのみがレヒレに回ったのも面倒で、欠伸を受けにくるタイミングでヘビボンを当てて食べさせずに削り切ることを考えるが上手く釣られてもう1回回されて木の実を食われたあたりからかなり苦しくなる。

またレヒレが木の実を食べた後カビゴンの木の実を奪いにトリックを押す読みアーゴヨン投げをすると冷Bを押されて影うち圏内に入って負け。
この試合も全体的に攻めることができず、厳しいのがわかっていた以上もう少し積極的に交換読み放射を当てに行くべきであった。本来はトリックにアーゴヨンを合わせたかったが、流石にステロを撒きたかったのでやむなし。あと1回交換読みを決めればおそらく押し勝てた。

ヒレにヘドウェ打ってガルド引きが5回くらい、マンダに毒Z打ってガルド引きが1回あったが、相手視点だとマンダは絶対に切らないのでそこで巧みを押してごり押すべきだった。

 

ということでベスト8で終了。
トナメ2戦はどちらも自分が上手ければ取れた試合だったと思うので本当に悔しいものの、本戦出場+予選抜けできたことは素直に嬉しく思う。

その後2次会に突発参加。体調が完治してなかったため酒は控えたが十分に楽しめた。
ラスチャレの日に引き続き知皇杯(〜タイプの技とかの答えが20〜30くらいあるクイズを1人1つずつ答える形式)がやたら盛り上がった。

翌日は流石に体力と時間的にHazeはきついと思い申請していなかったので昼ご飯を食べたら帰る予定だったのだが、二次会頭くらいに東京CL組の身内からLINEが来たので、翌日は身内と夕方までボドゲしてそのまま一緒に関西へ新幹線で帰還。
非常に楽しい3連休でした。剣盾出てからどうなるかわからないですがまた参加したいです。絡んでくれた皆さんや運営の方々ありがとうございました。

真皇杯ラストチャレンジ オフレポ1

ラスチャレのオフレポ。本戦は次の記事で。

構築は以下参照。

megagengar.hatenadiary.jp

前日夜、元々クチートの枠が自由枠なのでブロックに刺さらなければ考えようと思いつつ用事を済ませてホテルにチェックイン。

荷物を整理し夕食を食べに行こうとするも体調を壊しトイレにこもる。幸いにも熱はなかったので素直に休めば治ると判断。虚無になりながらブロック分けを見てさらに虚無になりながら構築を練り直す余裕もなく寝る。

翌朝、体調面はだいぶ直っていたが前真皇のむくれねこが胃腸が弱った時はなか卯で食べるとか言ってたのを思い出し、駅前にあったなか卯でうどんを食べてから向かう。

電車でクチートの枠を考え直すがまあ刺さるだろうと判断し、努力値を適当に調整する。今思えばA172でよい。

ということで会場に入り試合開始


1.とうまさん 

f:id:memo_k:20180206013143p:plainf:id:memo_k:20180207025957p:plainf:id:memo_k:20180206013511p:plainVSf:id:memo_k:20180206011606p:plainf:id:memo_k:20180206012415p:plainf:id:memo_k:20180206013143p:plain
ステロをまきながらHDポリゴン2に叩きを当てたためランドの蜻蛉にポリ2を投げると次にカビ対面で再生を強要できる盤面を作れた(眼鏡ゲッコウガが受からない)結果サイクル勝ち。初戦から30分の試合をしてしまい疲れる。

1-0

 

2.校閲さん ×

f:id:memo_k:20180206013541p:plainf:id:memo_k:20180206013143p:plainf:id:memo_k:20180207025957p:plainVSf:id:memo_k:20180206013526p:plainf:id:memo_k:20180206011947p:plainf:id:memo_k:20180206013143p:plain

スカーフツルギの一貫があるのに初手Zか眼鏡だと思い、襷テテフをケアせずに突っ込んで死んで順当に負け。

超Zでワンパンならツルギで一掃して返せると判断し素直に初手ランドが正解。水ロトムを嫌ったのもあるのだが出されている段階で選出勝ちなので別にそこを気にしなくてよかったしミス。

1-1

 

 

3.ステラさん 

f:id:memo_k:20180206013511p:plainf:id:memo_k:20180206011708p:plainf:id:memo_k:20180206013541p:plainVSf:id:memo_k:20180206013511p:plainf:id:memo_k:20180206013539p:plainf:id:memo_k:20180206013518p:plain
雷Pクチートが通っていたためゲッコウガを初手に置いて抑えに来ると判断し、カグヤと対面しても悪くないため、ゲッコウガを合わせる。
しかしゲコゲコ対面激流水Z読みで草結びを押したらドヒドバックされる。その次クチートを投げると釣られてゲコクチ対面が出来たのでやむなくゲッコウガを投げたらどくびし(変幻)。
ここからZはないと判断しドヒド引きにも一貫する悪波を打つと怯み、もう1発当てて突破。あとはクチートで雑に殴ってゲッコウガで詰め。
同速だったかは不明だがかなり運は良かった。この試合は草結びではなくめざ電なら簡単に勝てたので難しいところ。

2-1

 

4.すぎひこさん 〇 

f:id:memo_k:20180206013143p:plainf:id:memo_k:20180207025957p:plainf:id:memo_k:20180206013511p:plainVSf:id:memo_k:20180227153136p:plainf:id:memo_k:20190926201759p:plainf:id:memo_k:20180206013526p:plain

ステロを撒いて蜻蛉からゲコマンダ対面を作り裏のギガイアスに冷凍ビームを当てることでギガイアスにステロを撒かせずとっとと爆発を押させたところまでは良かったのだがテテフの格闘Zでカビゴンが落ちる。これはミスでランドロスを切ればよかった。

ゲコを投げて何を打つか悩むが、ランドロスを切って砂ダメ軽減かつテテフのムンフォを確認したので気合玉打ってこない読み冷凍ビーム2発でギリギリムンフォを耐えて勝ち。

3-1

 

5.にゃおーしさん 〇 
f:id:memo_k:20180206013541p:plainf:id:memo_k:20180206013143p:plainf:id:memo_k:20180207025957p:plainVSf:id:memo_k:20180206011555p:plainf:id:memo_k:20180206012417p:plainf:id:memo_k:20180206012828p:plain

ハピカバを崩せるのがツルギしかおらず、アーゴヨンだと絶対勝てないと判断。初手ゲッコウガ予想で投げるも、リザYで負けたかなと思う、ところが放射1発でカビゴンが燃えて体力管理かつ毒ももらわなくなり、崩されなくて削りきって勝ち。
普通にかなり厳しかったが、振り返ってみるとミミッキュがいなかったため相手の選出を1点読みしてアーゴヨンゲッコウガで集中をかけるべきだったかもしれない。それも怪しいが。

4-1

 

6.もちパンさん  ×

f:id:memo_k:20180206011708p:plainf:id:memo_k:20180206013541p:plainf:id:memo_k:20180206013143p:plainVSf:id:memo_k:20190630170744p:plainf:id:memo_k:20180206012216p:plainf:id:memo_k:20180206012412p:plain

選出ミス。ゲンガー初手をケアしてランドを投げるか、ゲッコウガでラッキーを誘い出すべき。つきやまパベースで鬼火を切っていたのもあるが、それでも微妙。単純に練習不足の出た試合。

4-2

 

7.ほたてがいさん 〇 
f:id:memo_k:20180206013511p:plainf:id:memo_k:20180206011708p:plainf:id:memo_k:20180206013541p:plainVSf:id:memo_k:20180206013143p:plainf:id:memo_k:20180206013531p:plainf:id:memo_k:20180206011708p:plain
クチートを取ればツルギが通るのでその方向で。相手にゲッコウガがいたのでランドは出せないためゲッコウガ
ツルギランド対面リフブレ地震、もう1回リフブレでクチートに引かれる。

叩き読みでクチートを投げるとアイヘを打たれたのでアイヘを打ち返して削るがこちらのクチートが落ち。その後ゲッコウガクチートを落としてツルギで一掃。

5-2

 

あと2戦だがここまででなごしさんとオペラスリスさんが残り、ともに2敗なのできちんと勝つ必要が出てくる。

 

8.オペラスリスさん 〇 

f:id:memo_k:20180206013511p:plainf:id:memo_k:20180206011708p:plainf:id:memo_k:20180206013143p:plainVSf:id:memo_k:20180206013539p:plainf:id:memo_k:20180206012828p:plainf:id:memo_k:20180206013522p:plain

ラッキーゲンガーはいたものの裏がカグヤサンダーだったのでクチートツルギの役割集中ルートは断念。
カバゲンガー初手をケアしてゲッコウガから入る。
きのみカグヤに熱湯を3回打って燃えず、ヘビボン急所放射ヘビボンで体力1になるが突破。
ミミッキュにランド投げたらカバが出てきてカミツルギだった...となる。

ゲッコウガが体力1で砂でも影うちでも動けずにかなり困り、急所を引いたことと火傷を引かなかったのがかなり響く。やむなくクチートでゴリ押す方向にしたのでカバをランドで叩いてゴツメを落としつつA-2の状態を作る。その後アイへ怯みグロウ地震アイへで突破してミミッキュのZ読み交換読み剣舞読みアイヘで勝ち。

6-2

 

9.なごしさん 〇 

f:id:memo_k:20180206011708p:plainf:id:memo_k:20180206013511p:plainf:id:memo_k:20180206013541p:plainVSf:id:memo_k:20180206011836p:plainf:id:memo_k:20180206012412p:plainf:id:memo_k:20180207025957p:plain

グライオンシャンデラで来ない読みを当てたのでグロウから雷Pでムドーを突破しミミロップに不意を当てツルギに繋ぐ。

アーゴヨン読みでスマホを打つがカビゴンが出て来たのでゲコ引きツルギ引き鈍い鈍い聖剣地震聖剣聖剣で勝ち。

7-2

これで予選1位抜け、トナメへ。

しかし比較的運も向いていたし振り返れば9-0できたなと反省する。

 

トナメまでの時間はYKさんと流星のロックマン3の対戦。多分7,8年ぶりくらいだったが割と戦えた。ネット対戦はエグゼ6はやっているのだけど最近できるようになった流星3はまだ環境が整えられなくて様子見状態。

 

トーナメント
1回戦 あきさん  〇 
f:id:memo_k:20180206013143p:plainf:id:memo_k:20180207025957p:plainf:id:memo_k:20180213164220p:plainVSf:id:memo_k:20180206013526p:plainf:id:memo_k:20180204181343p:plainf:id:memo_k:20180206011555p:plain

リザガッサがいるのでステロを撒いたら眼鏡サイキネ2発で飛ぶ。
アーゴヨンを投げて交換読みもあるのでZを吐くか悩んだが、おそらく通ると思い打ったら通ってテテフが死ぬ。リザが来たのでゲッコウガ意識のガッサと判断。

流星を打ちたくないので1回カビ引きして削って勝ち。

 

2回戦 平凡の助さん 

f:id:memo_k:20180206013511p:plainf:id:memo_k:20180206011708p:plainf:id:memo_k:20180206013541p:plainVSf:id:memo_k:20190630170744p:plainf:id:memo_k:20180206012216p:plainf:id:memo_k:20180206012412p:plain

予選の反省からちゃんと初手にゲッコウガを出す。
ゲンガーメガ身代わりこちら悪波、ラッキー引き悪波、投げにクチート出し、グロかんちでムドーを倒すことに成功して死に出しゲンガー。
1回でも身代わりを打たれれば身代わりを残させない限り削れるので、叩きにラッキーバックされてもゲコ切りからリフブレで詰めれると判断し不意を打ったら通って勝ち。

 

次勝てば本戦というところまで進む。ちなみにこの辺で後ろの方では知皇杯という多答クイズが流行り始める。

 

3回戦 ゆぐりかさん 

f:id:memo_k:20180206013143p:plainf:id:memo_k:20180207025957p:plainf:id:memo_k:20180206013511p:plainVSf:id:memo_k:20180206013143p:plainf:id:memo_k:20180206013531p:plainf:id:memo_k:20180206011606p:plain

オンラインからの再戦。
オンラインの時は初手のヒトムかグロスゲッコウガを合わせようとしたらスカーフランドから動かれて負けたので素直にランド初手に。
ステロをまけてグロスのれんち2発でカビゴンが凍らずきのみも食えたので欠伸からボンバーでレヒレを削る。
きのみを食べたおかげでトリックされてももう1回ヘビボンが当たって削りきれると判断しヘビボン、予想通りトリック、グロス引きヘビボン
ステロヘビボンがグロスに入ったのでこれで確実に悪波圏内。
ランド経由してゲコ引きしたかったがれんちが来そうだったので1度突っ張るとやはりれんち。次でミストフィールドが枯れる上体力管理の都合上、れんちにゲッコウガを投げるならここしかなく、ランドが見えている以上飛んで来ても思念やアイヘと判断しゲッコウガを投げたら予想通りれんち。
もう悪波が受からないのでグロスに通って処理。死に出しレヒレに1回カビゴンを投げてランドカビで削りきって勝ち。

 

ここで権利獲得し万々歳。暫く休憩の後準決へ。

 

 

準決勝 ひふみんさん 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/memo_k/20180206/20180206013143.pngf:id:memo_k:20180207025957p:plainf:id:memo_k:20180213164220p:plainVSf:id:memo_k:20180206011606p:plainf:id:memo_k:20180204181343p:plainf:id:memo_k:20180206013522p:plain
普通にきついパターンを引いてしまう。
初手カビ引きアイへ、火力から意地が見えたのでアムハンにランド合わせてステロアイへ、次地震で良いのに欲張って蜻蛉を押した結果かなり裏目に。その後なあなあでサイクルを回した結果相手のプレミで最速起き蜻蛉が通ってアーゴヨンで抜いて勝ち。
地震押せば放射でグロスを縛れていたのでもう少し楽に勝てたはずであり、プレミを運で拾った形。

 

決勝 鷺澤有里栖さん ×

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/memo_k/20180206/20180206013143.pngf:id:memo_k:20180207025957p:plainf:id:memo_k:20180213164220p:plainVShttps://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/memo_k/20180206/20180206013143.pngf:id:memo_k:20180207025957p:plainf:id:memo_k:20180213164220p:plain

ミラー。クチートカミツルギを出したかったがバナに怯えてしまう。ミラーだと相手のランドに毒+岩石がある以上不利を取るのはわかっていたのだが、バナが出て来た場合楽になるのでアーゴヨンを選出。
結果裏目ってかつ択も弱いので負け。
正直不利なのがわかっている以上、序盤蜻蛉でランドにアゴ合わせたときに相手が電卓回し始めたので、耐えられたら同じだし落ちるなら絶対に引かれるので、強気の悪巧みを押して攻めるべきだったのでプレミ。
ただ今振り返っても基本選出で出したのは正直ダメで、初手ゲッコウガで熱湯をランドに押してランドクチートで詰めるなどいくらでも方法はあった。これならバナが来てもクチートで役割集中できて課題のアーゴヨンも削りを入れてクチートの不意で縛れる。そもそもバナを切ればツルギをうまく使えば勝てるのだが...。

ということで準優勝でした。
全体的に運が向いていたこともありもう少し上手ければ全部勝てた試合ではあるので自分が弱いなと痛感したものの、本戦権利を取れたことは素直に嬉しく翌日の自分に期待して帰路へ。

オフレポ2、本戦編に続く。

アグロ寄りランドカビ 真皇杯関西予選6位、ラスチャレ準優勝、本戦ベスト8 S16最高レート2079

megagengar.hatenadiary.jp

この先ほどの記事に続き、今回はS15あたりから考え始めたランドカビ+アーゴヨンを軸とした構築記事となります。ランドカビツルギに関しては前回の記事と同じなのでそちらを先に読むことを推奨します。

前の形は基本的にゲンガーでのコントロールがメインですが、拘り2枚での圧力とアーゴヨンの展開を重視したものが今回の構築です。

色々と試しましたが、最終的に今の形に行きつき、5体は結論と思っています。

6体目はある程度幅があるのでよく言えばカスタマイズ性があり、悪く言えば纏まっていません。

 

S16 最高2079最終2053

関西予選1 ベスト32

関西予選2 6位

オンラインA-1(仲間大会) 13位

オンラインA-3(ダブルイリミトナメ) ベスト12で大会終了

オンラインA-Final 1-2ドロップ

オンラインB 2-3

ラストチャレンジ 準優勝

本戦 ベスト8

 

ランドロス霊獣@イアのみ
196-165-133-*-122-108
地震/とんぼ返り/叩き落とす/ステルスロック
カビゴン@バンジのみ
264-130-128-*-134-31
欠伸/リサイクル/吹き飛ばし/ヘビーボンバー
アーゴヨン@ドクZ
148-*-93-179-94-190
ヘドロウェーブ/火炎放射/流星群/悪巧み
ゲッコウガ@こだわりメガネ
147-*-87-155-92-191
冷凍ビーム/悪の波動/熱湯/草結び
135-256-151-*-51-161
リーフブレード/スマートホーン/叩き落とす/聖なる剣

 

ゲンガー@ゲンガナイト 関西予選及びS16
165-*-102-191-116-200
守る/シャドーボール/滅びの歌/道連れ 関西予選及び最終日以外
挑発/シャドーボール/気合玉/道連れ  S16最終日
 
カプ・テテフ@カプZ オンライン予選及び本戦
175-*-117-150-135-140 オンライン
177-*-104-151-151-135 本戦
サイコキネシス/自然の怒り/挑発/10万ボルト(本戦)⇔気合玉(オンライン)
 
クチートクチートナイト ラスチャレ
137-169-*-146-116-93
アイアンヘッド/グロウパンチ/雷パンチ/不意打ち 
 
landorus-therian.gif
ランドロス霊獣@イアのみ
196-165-133-*-122-108
地震/とんぼ返り/叩き落とす/ステルスロック
 

詳しくは前回記事参照。祟り目ゲンガーが外れたことから色々なところに打てて便利な叩きを採用した。これにより裏選出の対応力が広がったのが強み。とにかくステロよりなにより生き残ることが最重要。

 

snorlax.gif
カビゴン@バンジのみ
264-130-128-*-134-31
欠伸/リサイクル/吹き飛ばし/ヘビーボンバー
 
完全に前回と同じ。ランドカビのサイクルが重要なのも前回と同じだが、今回は切ってアーゴヨンで積めば勝ちという場面を作りながら動けるとかなり強気に動けるようになったのがゲンガー採用時との大きな違い。
 
 f:id:memo_k:20190924222809g:plain
アーゴヨン@ドクZ
148-*-93-179-94-190
ヘドロウェーブ/火炎放射/流星群/悪巧み
 
技範囲の広さと崩し性能の高さからヒードラン以外にはかなり選出できる。バンギラスにも意外と出せる。
ミミッキュ+キノガッサに選出すること、耐久テテフを1発で落とすこと、瞑想レヒレの処理のために毒Z。龍Zが欲しい場面もあるが打ちたい相手は指数が足りないとき以外は基本地面とバンギなのでゲッコウガ及びカミツルギを裏に添えることで解決とした。
構築唯一の命中不安が流星群なのだがそれを打つ回数が増えるのは難点。
下手に展開を意識するのではなく圧力をかける動きも大事。
 

f:id:memo_k:20160207010645g:plain

ゲッコウガ@こだわりメガネ
147-*-87-155-92-191
冷凍ビーム/悪の波動/熱湯/草結び
 
テテフのサイキネに投げること、地面への圧力、ボーマンダを上から縛ることを考えると2匹目のエースとしてゲッコウガの採用は確定した。
様々な型を試したが、メタグロス軸に最も出しやすく激流ゲッコウガに強く戦えること、水へ打点があり選出範囲が広いこと、ドランガルドへ十分戦えること、カバを迅速に処理できることなど必要な条件を満たすのはこの型であった。
アーゴヨンと同レベルの選出率であり非常に強い。草結びの枠はめざ電気との選択。
草結びは
・レヒレ地面(カバマンムー)への一貫
・地面水耐性
スイクンなどへの処理の速さ
めざ電気は
・ドヒドカグヤへの打点
・ペリギャラへの打点
・レヒレへの最高打点
である。もし水への打点が不要ならばめざ鋼でミミッキュをいじめるのが良い。
 

 f:id:memo_k:20171006192936g:plain

カミツルギこだわりスカーフ

135-256-151-*-51-161

リーフブレード/スマートホーン/叩き落とす/聖なる剣

 
前回と全く同じ。物理エース且つ高速エースが欲しいこと、ランドカビツルギ選出が欲しいことなど採用しない理由が特にない。範囲的な補完もアーゴヨンと良い。
 
ここからは@1についてそれぞれ紹介する。
 

f:id:memo_k:20160208150038g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト

165-*-102-191-116-200

守る/シャドーボール/滅びの歌/道連れ 関西予選及び最終日以外

挑発/シャドーボール/気合玉/道連れ  S16最終日

ポリ2の処理が最も安定する。滅びの必要が薄いと感じ、最終日は挑発気合玉にした。

バンギを11してアーゴヨンを通す、ラッキーをきちんと処理するなど必要な仕事はするのだが構築にパワーが足りなく他の案を考えた。

 

f:id:memo_k:20170819051113g:plain

カプ・テテフ@カプZ

175-*-117-150-135-140 オンライン

177-*-104-151-151-135 本戦

サイコキネシス/自然の怒り/挑発/10万ボルト(本戦)⇔気合玉(オンライン)

両方臆病だが、本戦の配分は穏やかの方が効率が良い。
雑に鋼や特殊受けを削りスカーフツルギやゲッコウガの一貫を取るために採用。
気合玉はどうせ当たらないので微妙で、本戦はゲンガーループを意識してDに厚くしたため水との殴り合いを考えて10万にした。他の候補は主にシャドボになるがその場合もっとSを上げたい。
本戦配分は233フレドラと222ヘド爆を、オンライン配分は力持ち172じゃれつくを15/16で耐える。 
オンラインの結果が微妙だったので使わないつもりだったがバシャーモカプコケコカバルドンばかりだったので持っていったら上手く活躍できた。
 

 f:id:memo_k:20151219125901g:plain

クチートクチートナイト

137-169-*-146-116-93

アイアンヘッド/グロウパンチ/雷パンチ/不意打ち 

配分が超適当だがAに振り切ったほうが間違いなく良い。

相手のクチートに投げて上からアイヘを打つ、というところから思考を開始。

アーゴヨンミミロップなどに強いのも評価点で考えているうちにポリゴン2に打つ技としてグロウパンチが浮かんだ。

具体的には

+1不意でアーゴヨンが高乱数

グロウ不意でフェローチェミミロップが落ちる

+1アイヘでH振りクチートが落ちる

グロウ雷Pでムドーを7割ほどで落とせる

グロウ不意でH振りドランを落とせる

グロウアイヘでHC,HDポリ2が落ちる

などから採用に至った。

これは大正解でラスチャレではエアームド2匹とカグヤドヒドに加えランドでゴツメを叩いたカバ+ミミッキュを破壊してくれた。

決勝はフシギバナに怯えて出さなかったが基本選出でミラーしたら不利なのはわかっていたので強気に出しても良かったのが悔やまれる。

 

構築としての満足度は非常に高いと思っており、6枠目はもう少し練る余地があるものの命中不安要素の減少、裏選出での対応範囲の増加など偉い点が非常に多い。

レートで結果が出せなかったことと本戦トナメは非常に悔やまれるが満足のいく構築を組めたのは非常に嬉しい。

 

ちなみにS17はやります。