キャラランク

主観の塊

メガ

S+ ゲンガー

S ボーマンダ ガルーラ

A リザードン バシャーモ メタグロス バンギラス

B その他

非メガ

S+ ミミッキュ

S ボルトロステッカグヤ カプ・テテフ キノガッサ

A+ ポリゴン2 ランドロスアシレーヌ カプ・コケコ スイクン ギルガルド

A カミツルギ サンダー カバルドン カプ・レヒレ ウツロイド バシャーモ ヒードラン ガブリアス マンムー

B+ ゲッコウガ ウルガモス ジャローダ バンギラス カイリュー ジバコイル グライオン

・先制技or高いS(キノガッサバシャーモアシレーヌゲッコウガマンムー)

・初見殺し性能の高さ(アシレーヌ)

・上に伴い有利不利を覆せる性能があるとなお良い

・攻撃以外の手段(キノガッサの胞子、ジャローダの挑発睨み、テテフの壁挑発、地面のステロ、バシャーモのバトン)

ガルーラ弱体化により襷自体の性能は向上した。先制技採用の場合テテフの相手(特にスカーフ)は怪しいがそれでも対面寄りの構築に組み込む場合高い性能がある

バシャーモバトン

明らか弱いと思ってたけど思ったより多かった

HS鬼火でスタン寄りに組み込むのは偉そうだけど、自分が使って上に行けるとは思えないのでまあ

S4

最高2106 最終2057 111位

f:id:memo_k:20170718124531p:plain

水曜木曜あたりで21チャレを3回するも失敗、その後溶かして、最終日前日夜に構築をいじり2050ロムから開始した結果。

最終日選出

53戦 ランド50カビゴン22ゲンガー34サンダー23マリルリ11カミツルギ19

思ったよりは頑張れたが、直前変更により改善点も色々と見つかりまた選出立ち回りも怪しい部分が多かったのが反省。せめて3日前くらいには完成させておきたい。それに伴い前期と比較して催眠を打ちすぎた感が否めずこれが一番の反省点。しかもマジで当たらなかった。

 

来期はインフレする(ほんまか?)可能性あるのでもっと上を目指していく

シーズン最後の一週間

・一戦一戦を取りこぼさない

・休憩を挟む

・ちゃんと一行動一行動や選出に理由付けができる立ち回りをする

・試合の反省をする

・楽しむ

・精神安定

・試合の最後まで安心しない、一喜一憂は控えてミスをなくす

・押しミスのないように慎重に

構築の組み方

強い軸+補完

当たり前だが組む場合はこのようになる。

6世代の時のようにスタン中心環境ではないし、スタン寄りの構築を組むとしてもある程度は軸の定まった構築が基本となるはずである。

強い軸を探す能力と、強い補完を探す能力の2つが求められる。自分は後者はそれなりにあると思うが前者が不足している。

環境にそこまで依存しない強い軸を固定し補完で環境に対応するのがよいのかもしれないがまだ環境の動きが早いSM中にそこまでするのは難しい。

 

試合中の想定

実際の対戦では相手の動きを想定しつつそれに対応した動きをする必要がある。

しかし実際の対戦にはプレミが付き纏う。その原因としてこれがうまくできていない場合が多い。改善策としてはとにかく考えるしかないのだろうが、なかなか難しい。

対策として存在するのは相手の選択肢を狭める、相手の情報を引き出すことにより想定しないといけない量を減らすこと。またそれができる構築を組む、構築段階であらかじめ想定しておくというのも重要要素である。

対戦ログを見返して敗因にプレミが多いため考えてみたが、当たり前のことしか書けなかった。