試合中の想定

実際の対戦では相手の動きを想定しつつそれに対応した動きをする必要がある。

しかし実際の対戦にはプレミが付き纏う。その原因としてこれがうまくできていない場合が多い。改善策としてはとにかく考えるしかないのだろうが、なかなか難しい。

対策として存在するのは相手の選択肢を狭める、相手の情報を引き出すことにより想定しないといけない量を減らすこと。またそれができる構築を組む、構築段階であらかじめ想定しておくというのも重要要素である。

対戦ログを見返して敗因にプレミが多いため考えてみたが、当たり前のことしか書けなかった。