電気Zサンダー

質問箱で聞かれたので。

f:id:memo_k:20171006193913g:plain

 

S4で2100に乗った立役者。一応S5でも使ったがウツロイドメガラティアスの増加でその段階であまり強くなく、マンムーアーゴヨンも辛いので今使うのはなかなか厳しいと思われる。

 

配分はデータが飛んだのでうろ覚えなのだが、大体S136C180くらいで残りを耐久に回した程度。メガバシャーモフレアドライブミミッキュのフェアリーZくらいなら普通に耐える。

 

技は10万ボルト/めざめるパワー氷/身代わり/羽休め

浮いているポケモンの身代わりがグライオンに強いのは有名だが、こいつはそれに加えてテッカグヤのヘビーボンバーを身代わりが耐える上に羽休めがあり宿木を被弾しても容易にサイクルが回るのでカグヤグライドヒドなどのサイクルに強く出れた。

 

またプレッシャーにより相手のPP枯らしは容易でストーンエッジや氷の牙を持つグライオンのPPを枯らしたこともある。ハサミギロチンも簡単に枯らせる。またラス1であったり吹き飛ばしのないカバルドンにも勝てる。(羽休めすれば氷の牙や岩石封じは身代わりが耐える)

構築に特殊ポケモンがこいつとゲンガーしかいない時はラッキーが来ないのでバンギラスを削れるようにした上で受けループに出していた事もある。

電気Zについては具体的な役割対象はメガバシャーモメガゲンガーメガクチートメガルカリオ、ABミミッキュアシレーヌなどであり、身代わりを残しやすいこのポケモンにとって任意のタイミングで1発高火力を打てるというのは非常に相性が良かった。地面引きもマンムードリュウズのような選出できない地面入り以外にはなかなかされないのでそうそう透かされない。

またCラインを上げているのでSが負けているため身代わりを上から貼れないHSグライオンをめざ氷で落としたり、H振り程度までのボーマンダなら舞羽の起点にならないなどの恩恵も大きかった。

またメガクチートに対しては身代わり+羽休め+Zで1発なので圧倒的に強い性能を持っていたり、たまたまそのシーズンに増えたABミミッキュに強かったり胞子から入るキノガッサに対面処理できたりなど偉い点が中々多い。

ただしポリゴン2クレセリアなどの数値受けに対してはある程度誤魔化す事しかできないので注意。HBであれば電気Zを上手く隠していると処理できることはそこそこあったが。