megagengar’s blog

メモとか思ったことを適当に

裏の組み方

色々考えていたのだが、結局ランドカビゲン@3に組み込む場合、その@3をどう組み合わせるかが課題となる。ランドカビと組み合わせるのはなかなか難しい。(出来そうなものは大方考えてしまったのもある)

単純に弱いあるいは噛み合いの悪いポケモンや型を組み込んでも機能しないだけではあるものの(実際に試したものは9割方それで失敗する)やはり選出や立ち回りの仕方、何を通して何に切り返すかというのが重要となる。

裏は3枠しかないため守りに回るのはなかなか難しく(これは俺の思考面の問題が大きいかもしれないが)ある程度アグロ寄りな裏を考えたほうが強い。そもそも攻め手をゲンガー1枚にするのは非現実的なため少なくとも1体はアタッカーのポケモンが必要なこと、ステルスロックとの相性が良いことなども理由である。

これを踏まえるとかなり曖昧な表現になってしまうのだが、

攻め+攻め+攻め

攻め+攻め+対面性能

攻め+攻め+クッション

攻め+クッション+対面性能

のように組むのがおそらく現実的。

攻め駒は色々と候補があり、どれを選択するが課題。スカーフメガZ混乱実辺りの持ち物を持たせる。

対面駒は代表的なものがミミッキュであるが、行動保証を持たせながら単体性能が確保できれば割と幅はある。持ち物はZか襷が基本。攻め駒との違いは曖昧だがある程度の行動保証が目安となるか。

問題はクッション駒で持ち物は混乱実やオボンチョッキあたりから選択になると思われる。しかし良いポケモンが全く見つからず、構築の開拓をするならおそらくここ。ランドロスカビゴンが既にクッションとして存在していることも大きく、単体性能に加えきちんとした採用理由も欲しい。

上に書いたようにこのように組んだ上で選出の補完を組み込みつつ環境読みと単体性能を確保できればおそらく強い構築になる。

あまり固定観念に囚われても良くないためフェアリー枠を入れる以外は1から考えた方が良いかもしれない。